Bayashipapaのブログでアウトプット

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。

幸福になるためのお金の使い方【他人に投資】

幸福になるためのお金の使い方【他人に投資】をご紹介します。

 

f:id:bayashipapa:20200206192618j:plain

 

 

 

 

 

 

 

www.bayashipapa.me

 

 

www.bayashipapa.me

 

 

www.bayashipapa.me

 

 

www.bayashipapa.me

 

 

子どもの投資

人間が他人に何かをあげることで喜びを経験する、という性質を生まれつき持っているなら、

幼児ですら喜びを感じるかもしれません。

 

f:id:bayashipapa:20200309114830p:plain

しかし、子どもに何かをお友だちと一緒に使いなさいと言ったことがある人ならだれでも知っているように、子どもというのはなかなか寛大にはなれないものです。

 

でも、他人に投資することで、このしぶといおチビさんたちをも幸福に導くことができるでしょうか?

 

もうすぐ2歳になる20人の幼児を対象としたララとリズらが行った実験では、

 

研究者からおやつをもらったとき、幼児はかなり幸せそうに見えました。

 

次は、研究者から貰ったおやつを人形におやつを分け与えたときは、自分のおやつをもらった時よりももっと幸福そうな表情になったのです。

 

この貴重な所有物【おやつ】をもっとたくさん自分のものにするよりも誰かにあげることでより多くの幸福を引き出しました。

 

 

Googleの取り組み

 

会社の中には善意活動だけではなく、お互いに分け与える機会を従業員に提供している会社もあります。

 

Googleのピープル・オペレーションズの上席担当部長ラズロ・ボック

 

【どの従業員も特別な基金から他人の従業員に150ドルを上げることができる仕組みになっている。承認も必要なし、唯一の条件は相手がなぜそのお金をもらえるかを、その理由を文章に書くこと】

 

Googleの給料は過剰に高い会社みたいです。

 

Googleを含めたAlphabet社員の年間給与の中央値は24万6,804ドル

(約2,705万円)

 

150ドル【2020年3月8日現在 15797円】などほとんどの社員の所得に比べたらゼロに等しいです。

 

それでも同社の調査でこのささやかなボーナスはマネージャーや幹部社員から現金の賞与をもらうよりもずっと効果的で本人たちを幸せにすることが示されています。

 

チームのメンバーはお互いに利益をもたらすことができ、受け取った人の幸福感は高まります。その上でチーム全体の業績も伸びると言うことでしょうか。

 

 

自分自身に対するお金の使い方をいかに変えるかに重点を置く

 自分自身に対するお金の使い方をいかに変えるかに重点を置いて説明します。

 

少ない金額でも他人のために使うと私たち自身の幸福感に効果が表れるという結果が示されています。

 

自分の幸福を最大にするために自分に対するお金の使い方をどう変えるかではなく、お金を他人に投資することを考えてみましょう。

 

他人のためにお金を使うと、自分のために使うよりももっと幸福感は増しますが、こうした恩恵を得るためには、ちょっと貧乏になってもかまわないと覚悟しなければなりません。

 

 

向社会的支出とは

f:id:bayashipapa:20200309114949p:plain



寄付やボランティア活動を支える心性のひとつである。

その結果として報酬を求めないこと、自発的に行われることが条件となる。

 

向社会的支出と幸福との関係は非常に普遍的【すべてのもの当てはまる性質がある】です。

 

 

ギャラップ世論調査 

2006年から2008年にかけて、ギャラップ世論調査は【アメリカの民間企業による世論調査】136カ国で代表的サンプル集団の調査を行い、世界の人々の生活に関する、これまで最も明確な心理学的断片を明らかにしました。

 

 f:id:bayashipapa:20200309114908p:plain

20万人以上の人が数十項目の質問に回答し、質問の中には先月チャリティーに寄付をしたかとか、あなたは人生にどれくらい満足しているか、という質問も含まれていました。

 

136カ国のうちの120カ国では、前の月にチャリティーに寄付した人々は、人生により多くの満足を感じていました。

 

この関係は、貧しい国でも豊かな国でも同様に見られ、個人の収入を考慮したあとでも変わりませんでした。

 

ギャラップ世論調査で調べられた136カ国全体で、チャリティーに寄付することは、家庭の所得を2倍にするのと同じくらい幸福度に貢献していたのです。

 

他人への投資から喜びを得るのは、人間ならではの傾向といえるのかもしれません

 

 

 

貯金の効果

f:id:bayashipapa:20200309115026p:plain

 

貯金の効果貯金があるとそれがクッションの働きをし地面に落ちたときに人生の不快なショックから私たちを守ってくれます。

私もまだ年収ほどの貯金はありませんが、30歳入る前には貯めたいですね。

 

さぁ外に出かけて幸福になるためのお金を使う方法を自分で試してみて下さい。

 

お気軽に【読者になる】をぽちっと