Bayashipapaのブログでアウトプット

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。

高齢者の栄養管理【誤嚥性肺炎とは?】

誤嚥性肺炎について

 

 

年をとると体に様々な変化が生じ、「噛む、飲み込む」という食べる機能にも影響します。

 

f:id:bayashipapa:20191103131436p:plain

 

食べる機能が弱くなると食べる量も減り、体重が減少したり、免疫力も低下するなど基礎体力も衰えます。

 

なかでも怖いのは「誤嚥性肺炎」です。

 

これは、食べ物や飲み物など食道に入るべきものが気管や肺に入ってしまい細菌が繁殖して起こる肺炎です。

 

普段は誤嚥をしてもむせることで気道へ入るのを防ぐことができますが、飲み込む力が弱くなるとむせることなく気道に入ってしまったり、そのままのどに詰まらせて窒息してしまうこともあるのです。

 

誤嚥性肺炎は一度起こすと繰り返しやすく、手遅れになれば命を落すことさえあります。

 

予防するには、誤嚥を防ぐこと、口の中をきれいにすること(口腔ケア)、胃から食道への逆流を防ぐこと(食後すぐに横にならない)栄養をしっかり摂り基礎体力をつけることなどが大切です。

 

 

 

 

お気軽に【読者になる】をぽちっと 
 

 

 

www.bayashipapa.me

 

 

www.bayashipapa.me